経営理念

事務所の経営理念について

 当事務所は、以下の3項目をを経営理念とし、地域の発展に貢献したいと考えています。
  1.「自利利他」の理念と実践
  2.社会と調和しながら未来を創っていくこと
  3.すべての人のために存在すること
 私たちは「顧客第一主義」を常に心がけ、お客様を満足させるためのサービス提供を怠りません。
 私たちの業務は、会計だけではありません。コミュニケーションを通じて、お客様が最善の選択をしていただけるようなご提案をしていくことが重要であると考えています。
 より良いサービスの提供には、お客様との信頼関係が必要となります。そのため私たちにはサービス業としての専門的な能力が求められます。
 私たちは、お客様との信頼関係を構築し、専門的な能力を向上させるために日々勉強しています。

「自利利他」の理念の実践とは

TKC全国会の基本理念である「自利利他」について、TKC全国会創設者飯塚毅は次のように述べています。


大乗仏教の経論には「自利利他」の語が実に頻繁に登場する。解釈にも諸説がある。その中で私は「自利とは利他をいう」(最澄伝教大師伝)と解するのが最も正しいと信ずる。


仏教哲学の精髄は「相即の論理」である。般若心経は「色即是空」と説くが、それは「色」を滅して「空」に至るのではなく、「色そのままに空」であるという真理を表現している。


同様に「自利とは利他をいう」とは、「利他」のまっただ中で「自利」を覚知すること、すなわち「自利即利他」の意味である。他の説のごとく「自利と、利他と」といった並列の関係ではない。


そう解すれば自利の「自」は、単に想念としての自己を指すものではないことが分かるだろう。それは己の主体、すなわち主人公である。


また、利他の「他」もただ他者の意ではない。己の五体はもちろん、眼耳鼻舌身意の「意」さえ含む一切の客体をいう。


世のため人のため、つまり会計人なら、職員や関与先、社会のために精進努力の生活に徹すること、それがそのまま自利すなわち本当の自分の喜びであり幸福なのだ。


そのような心境に立ち至り、かかる本物の人物となって社会と大衆に奉仕することができれば、人は心からの生き甲斐を感じるはずである。

   11月 紅葉   

事務所概要

事務所名
庄部秀彦税理士事務所
所長名
庄部 秀彦
所在地

大分県宇佐市大字四日市1583番地の1

宇佐産業ビル202号

電話番号
0978-32-1163
FAX番号
0978-32-1705
業務内容

・法人税・所得税・消費税の申告書、各種届出書の作成

・譲渡、贈与、相続の事前対策、申告書の作成

・税務調査の立会い

・その他税務判断に関する相談

・試算表、経営分析表の作成

・総勘定元帳の記帳代行

・決算書の作成

・会計処理に関する相談

・経営計画、資金繰り計画の相談、指導

・各種書類の作成


庄部秀彦税理士事務所は

TKC全国会会員です

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

南九州税理士会所属